ハーブを使ったのゴキブリの卵対策は効果はありません

ハーブを使ってゴキブリの卵対策をする場合、ほぼ効果がないと思った方が良いと思います。何故かと言えば、ゴキブリの卵は特に匂いに反応することがないからです。大人のゴキブリであれば、ハーブの匂いを嫌がってその辺に近づかないと言う効果があります。ですが、ゴキブリの卵は特に苦手な匂いなどもなくそもそも動かないため、ハーブを使ってゴキブリの卵対策をしたとしてもそれは全く意味のない対策になってしまいます。ゴキブリの卵対策としては、ハーブなどを使うよりも部屋の掃除をする方が対策としては効果があります。なぜならば、ゴキブリの卵はどこに動くことがないので、こちらから掃除をするなどして見つけていくことが1番確実な方法になります。そして、見つけた卵がトイレなどに流してしまえば、今後孵化する危険もないため、1番安全にゴキブリ卵を解除することができます。これを、ゴキブリの卵にはハーブが効くと勘違いをして、ハーブを使ったゴキブリ対策を行ってしまうと、いつか見つけたゴキブリの卵は必ず孵化をしてしまいます。ゴキブリの卵からは、いちどに何10匹と言うゴキブリの幼虫が出てきます。ハーブを使ってゴキブリの卵対策をすると言う事は、みすみす家の中にそれだけの数のゴキブリを発生させてしまうことにもなります。そうならないためにも、ゴキブリの卵対策としては、ハーブを使った対策をすることができるだけ止めるようにしましょう。

ページトップに戻る